まさに世紀末の2000年7月、大蔵省(現財務省)から金融制度の企画立案の事務も移管し平成10年に発足した金融監督庁を金融庁(現金融庁の前身ともいえる)に組織を変更。21世紀となった2001年1月、上部機関の金融再生委員会は廃止され、内閣府(旧総理府)直属の外局となった。
今はタンス預金なのか?物価上昇中は、インフレ分現金は価値が下がることを知っておこう。いますぐ生活に必要なとしていないお金は、ぜひとも安全なうえ金利が付く商品にした方がよいだろう。
つまり「金融仲介機能」「信用創造機能」および「決済機能」、これら3つの機能を通称銀行の3大機能と言う。この機能は「預金」「融資(貸付)」「為替」といった業務だけでなくその銀行の信用によってはじめて実現できているものなのである。
麻生総理が誕生した平成20年9月15日のことである。アメリカの格付けAAAの投資銀行であるリーマン・ブラザーズが誰も予想しなかったことに経営破綻したのだ。この出来事が世界の金融危機の原因になったので「リーマン・ショック」と名づけられたのが理由。
そのとおり、第二種金融商品取引業者(第一種業者とは取り扱い内容が異なる)が新たな金融商品としてファンドを開発し、運営するためには、大変大量の、業者が「やるべきこと」、業者が「やってはいけないこと」が法律等により決められているのである。
簡単、外貨MMFって何?例外的に日本国内でも売買が許可されている外貨商品の名称(マネー・マーケット・ファンド)。同じ外貨でも預金と比較して利回りがよく、為替の変動によって発生する利益が非課税というメリットがある。証券会社で購入できます。
いわゆる「失われた10年」というのは、国、もしくはある地域における経済がなんと約10年以上の長期間に及ぶ不況、さらには停滞に襲われていた10年のことを指す言い回しである。
全てと言っていいほど株式市場に自社株を公開している上場企業であったら、企業の運営のための資金調達の手段として、株式に加えて社債も発行するのが普通になっている。株式と社債の違いとは?⇒、社債には返済義務があるということである。
最近増えてきた、スウィーブサービスについて。銀行預金と(同一金融機関・グループの)証券用の取引口座の間で、株式等の取引で発生するお金が自動振替してくれる有効なサービスである。同じ金融グループによる優良顧客を囲い込むための戦略なのだ。
知っておきたいタンス預金。物価上昇の(インフレ)局面では、上昇分その価値が目減りするのである。いますぐ暮らしに必要のない資金なら、安全でわずかでも金利も付く商品に資金を移した方がよいだろう。
よく聞くコトバ、保険とは、突如発生する事故が原因で発生した財産上の損失を最小限にするために、同じような多数の者が一定の保険料を掛け金として納め、準備した積立金によって不幸な事故が発生した際に保険金を給する仕組みなのです。
小惑星探査機「はやぶさが話題になった平成22年9月13日、日本振興銀行の経営が破綻してしまったのである。この破綻で、このときはじめてペイオフが発動して、全預金者の約3%といっても数千人の預金が、適用対象になったと想像される。
保険のしくみ⇒偶然起きる事故で発生した主に金銭的な損失に備えて、よく似た状態の複数の者がわずかずつ保険料を掛け金として納め、整えた積立金によって予測不可能な事故が発生した者に保険金を給する仕組みなのだ。
"東京証券取引所(兜町2番1号
よく聞くコトバ、外貨MMFとは、日本国内において売買することができる外貨建て商品の一つ。外貨預金に比べると利回りがずいぶん高く、為替変動の利益が非課税であるという魅力がある。証券会社で購入しよう。
"